お気軽にお問合せ・ご相談ください
090-6129-5764
受付時間
9:00~21:00(定休:日曜日)

腰痛症(いはゆる腰痛)

原因・症状・医学的治療などー

1.腰痛症(いはゆる腰痛):はじめに

昭島市・立川市で唯一の【腰痛専門の整体室・欣令】
なぜ腰痛に「いはゆる」がつくのでしょうか?
腰痛の症状がある時、病院やクリニックで診察を受けます。その診療では、いろいろな検査の結果から、腰痛の原因を特定して、診断名を当てはめてゆきます。
ですが、実際に、病名が確定して診断名が付くのは、下図の濃いピンクの部分、全体の15%のみ(特異的腰痛:腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰椎すべり症・腫瘍など)に過ぎません

下図の薄いピンクの部分、 85%はレントゲンやMRIなどの画像診断では腰に明らかな異常が見られず、診断名を下せないのが実情です

繰り返しになりますが、いわゆる腰痛(ぎっくり腰、慢性腰痛など)は、腰痛全体の85%を占め、非特異的腰痛とされ、レントゲンやMRIで異常が見られないため、医学上は原因不明とされます
つまり、上の円グラフの薄いピンク色(全体の85%、非特異的腰痛)に示されている部分では、確定診断ができないため、病名をつけられない原因不明の「いはゆる腰痛」という、あいまいな表現がされています

また、ぎっくり腰、慢性腰痛というのも、これらは、あくまで症状をいうもので、病名、診断名にはではありません

2.腰痛症(いはゆる腰痛):原因は?

いはゆる腰痛に対する医師と整体師の診方の違いとは?

医師はあまり筋肉に目を向けませんが、整体師をはじめとした治療者は、「いはゆる腰痛」の原因は筋肉の硬結やコリのためで、筋肉が原因である事は明々白々、と考えます
この点が、医師と“治せる整体師”の大きな違いです

私の整体室に来られている腰痛に悩む方々の多くは、現実には病院やクリニックに受診しても、レントゲンを撮り、腰を触りもしないで、病名や原因を告げられないまま、腰痛について納得のいく説明もなく、鎮痛薬を渡される、温熱療法を受けるという経験をされています
つまり、医師は、痛んでいる筋肉そのものには目を向けません

たまたまリハビリテーション科のあるところは、理学療法士が関節可動域訓練や筋力強化訓練、いいところモビライゼーションのまね事をしてお茶を濁すといったところです

一方、“治せる整体師”は「いはゆる腰痛(腰痛症)」は、筋肉が原因であることは確かと考え、他の原因としては、神経のハリや内臓の機能低下、自律神経障害の原因の場合があると考えて、治療を行ってゆきます

ですので、単なるマッサージ屋ではなく、信頼のできる治療家 “治せる整体師” をお訪ね下さい

3.腰痛症(いはゆる腰痛):症状は?

腰痛症(いはゆる腰痛)の症状は、腰痛が主で、それにシビレやむくみが伴う場合もあります

痛みは多種多様で、安静にしていてもジクジク、あるいは重だるく痛むもの、運動時に痛みもの、夜間痛を伴うもの、運動時痛も前にかがむと痛むもの、ソルと痛むもの、ひねると痛むものなどいろいろあります

これらの多様な腰痛が、時には日常生活に、仕事に、趣味に、育児にと及ぼす影響は計り知れないものがあります
腰痛のために、行動範囲が狭まり、行動そのものが制限される場合もあるのですから、「たかが腰痛、されど腰痛」です
また、腰痛は膝痛や足首の痛み、肩や首痛の原因にもなりますので、腰痛は軽いうちに、徹底的に、油断なく叩いておく必要があります

4.腰痛症(いはゆる腰痛):治療は?

“腰痛を治せる整体師”は、筋肉が原因の「いはゆる腰痛(腰痛症)」は最も力を発揮できるもの、得意とするところです

もちろん、腰痛を治せる治療家は、痛むところを無闇にマッサージしたり、温めたり、電気を流したりしません、ましてや骨の矯正をしたりもしません
まず、しっかりと問診をし、経過を聴取し、痛む腰部の筋肉について、検査と評価をして、腰痛をもたらしている原因の筋肉や神経などを特定して、ゆるめてゆきます

つまり、腰痛とは言っても、腰の筋肉ばかりに目を向けていても、問題は解決しません。腰痛のほとんどは、他の部分の筋肉(お尻やあし、そして首や肩、腕などの)が真の原因です。真犯人は他にいます
そして、真犯人は単独犯とは限りません。治療が進んでゆくにつれて、そのまた原因となっている筋肉を検査・評価して突き止め、同じようにゆるめてゆき、最終的に腰全体を楽にしてゆきます
そこがプロの技の見せ所でもありますし、痛みを解消することが治療家の使命でもあり、」喜びでもあります

慢性の「いはゆる腰痛(腰痛症)」の中には、戻りの多い、重症例があります
戻りが多い、痛みが移動する、どうしても重苦しさなどの感じが抜けない場合は、硬結・機能低下を疑います
内蔵については、腎臓、肝臓や膵臓の治療が必要な場合が多く、当院では「山本式筋膜リリース」のうちの内臓治療を用いて、内臓をゆるめてゆきます


この「山本式筋膜リリース」で慢性の「いはゆる腰痛(腰痛症)」でお悩みの方の90%以上を改善・治癒するという実績を残しています

5.腰痛症(いはゆる腰痛):その他

<コルセットの使用について>

腰痛の時に使われる主なコルセットは「ダーメンコルセット」(写真参照)と言われるもので、写真のものより簡便なタイプも数多くあります

注意しなければならないことがあります
それは、基本的にコルセットで固定すると、筋肉は“さぼり”ます。ほかのもので身体を支え、姿勢を維持してしまうと、筋肉は身体を支えるという自分の役割をしなくなります

さぼります。筋肉は甘やかすとさぼるものなんです。そのため、長期にコルセットを使用すると、筋力低下やはたまた筋肉が委縮しますので、なるべく使わない方がベターだと思います

私の経験でも、永年、上の写真のダーメンコルセットを使われていた方の腹筋がペラペラになっているのを、何回か見たことがあります
コルセットを装着するのは、腰痛が強くて不安がある場合、腰に負担のかかる仕事や長時間の運転をしなければならない時などに限定して使われた方が良いと思います

ダーメン・コルセット

<筋力強化について>

原則的には、軽い腰痛の場合以外は、筋力強化の運動は腰痛の軽減、防止にはつながりません。腹筋・背筋の強化のための体操をする方がしばしばいらっしゃいますが、腰部の筋肉を強化しても、腰痛の本当の原因は他にあるのですから、腰痛が軽くなることはありません。

また、例えば、腹筋運動をやり過ぎて背筋のハリが強くなる方もいらっします

ストレッチも同様ですいくら腰部の筋肉をストレッチしても、腰痛の本当の原因は他にあるのですから、ストレッチの効用は、あまりありません

私は、無理のない範囲、痛みを増さない程度のウォーキングをおススメします。腰痛のある間は、腰痛を悪化させないようにして、全身運動をするのが良いですね

特に慢性の腰痛の方、経過の長い方は、まず、信頼のできる治療家に痛みを治してもらってから、痛みの無い健康な状態を取り戻してから、その健康を維持するための筋力強化の運動やストレッチをされる方が良いと思います
あなたの腰痛を治してくださった治療家に、ベストの方法を教えてもらってください

地 図

重症の腰痛専門整体室
・欣令-Kinrei-

住所

〒196-0021
東京都昭島市武蔵野 2-22-6

アクセス

西武拝島線 西武立川駅徒歩15分
JR青梅線 中神駅徒歩20分
駐車場:有り

受付時間

                        9:00~21:00

定休日

                     休みは不定休