お気軽にお問合せ・ご相談ください
090-6129-5764
受付時間
9:00~21:00(定休:日曜日)

坐骨神経痛
ー症状・原因・医学的などー

1.坐骨神経痛について:はじめに

    昭島市・立川市で唯一の【重症の腰痛・坐骨神経痛専門の整体室・欣令】
坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」がさまざまな原因によって圧迫・刺激されることであらわれるもので、お尻や足の痛みやしびれなどの症状のことを指します。
ですので、「坐骨神経痛」という言葉は、あくまで症状のことを言い、病名ではありません。坐骨神経痛の原因疾患としては、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、椎間板ヘルニアなどの脊椎疾患が主なもので、他には、梨状筋症候群が挙げられます

多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、次にお尻や大腿の後ろ、すね,足などに痛みやしびれるような痛みがあらわれます

2.坐骨神経痛:その症状は?

主な症状は腰痛、おしりや足の痛み・しびれ、筋肉の脱力やツッパリのうったえです
歩いていると足が痛くなる、立ち上がる時に痛む、朝突っ張って痛みが抜けない、夜に足のシビレが出てくる、常時足がびりびりするなど、症状は様々であり、日常生活に大きな不便と不安をもたらします

脊柱管狭窄症の特徴的な症状として、間欠性跛行(かんけつせいはこう)があります
これはしばらく歩くと主にふくらはぎなどに痛みが出て、前かがみになったり、しばらく座って休んでいると痛みは軽くなり、また歩き出すと痛みが出てくるというものです
常時痛みが出ているわけではないので「間欠性」と呼ばれています
この間欠性跛行は、坐骨神経痛でも出てくることがあります

他に、膀胱直腸障害や陰部感覚障害があります
膀胱直腸障害は、膀胱や直腸の感覚が鈍麻し感じにくくなるものです

尿意がわからなくなり、失禁してしまったり、頻尿、便秘の原因となります。また、陰部感覚障害は、陰部周囲の感覚が障害されるものです

3.坐骨神経痛:その(医学的)原因は?

脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、梨状筋症候群脊椎・脊髄・骨盤内の悪性腫瘍が原因です
「梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)」は、お尻の奥にお尻を横切るようについている筋肉(梨状筋)の中を走っている坐骨神経が、梨状筋の緊張・ハリ、外傷やスポーツ活動などで圧迫されて起こる、痛みやしびれがおこることをいいます

4.坐骨神経痛:その予後は?

予後は?(予後とは:病気や治療の経過についての見通しのことです。「予後が良い」といえば、病気が良くなる可能性が高く、予後側悪いと言えば、病気が悪くなる可能性が高いということになります)

坐骨神経痛が出て、無処置、つまり全く治療をしないほっぽりぱなしでも、30%は改善しますが、60%以上は、症状改善のためには、治療が必要です

初期治療で改善が見られる場合は、予後が良く、逆に初期治療で改善が見られない場合や、脊柱の側湾がある場合は予後がよくありません

5.坐骨神経痛:その治療法は?

一般におこなわれる医学的治療(リハビリを含む)とは?

多くの場合、安静や薬剤の治療(内服薬の投与)、コルセットの装着などが一般的で、それで回復せずに、動くとまた腰痛が出るなど症状をくり返す場合は、理学療法士による関節可動域訓練や筋力強化などのリハビリ、電気、マッサージなどの治療が行われます

また、腰痛、足の痛みがひどい場合にはブロック注射による治療や手術を行います

地 図

重症の腰痛専門整体室
・欣令-Kinrei-

住所

〒196-0021
東京都昭島市武蔵野 2-22-6

アクセス

西武拝島線 西武立川駅徒歩15分
JR青梅線 中神駅徒歩20分
駐車場:有り

受付時間

                        9:00~21:00

定休日

                     休みは不定休