お気軽にお問合せ・ご相談ください
090-6129-5764
受付時間
9:00~21:00(定休:日曜日)

変形性脊椎症

原因・症状・医学的治療などー

1.変形性脊椎症について:はじめに

昭島市・立川市で唯一の【腰痛専門の整体室・欣令】
変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)とは、脊椎(背骨)の椎体と椎体の間でクッションの役割を果たしている椎間板(下図参照)が変形して、脊椎同士がぶつかり合うようになり、椎体の縁に骨の突出・とげ(骨棘)ができ、神経や脊髄が圧迫されて痛みやしびれなどが起こる病気の事です
この病気は主に頸と腰椎に起こり、前者を変形性頸椎症、後者を変形性腰椎症とよびます

2.変形性脊椎症:その症状は?

変形性頸椎症の場合は肩・腕・手指に症状が見られ、変形性腰椎症では腰や下肢・足指に症状が見られます
最もよく見られる症状は痛み・強張りやしびれですが、それ以外に、筋力の低下(脱力)や感覚障害(感覚麻痺)が起こる事もあります。そのため変形性頚椎症では、文字を書く、箸を使う、ボタンをはめるなどの手先の細かい作業がうまくできなくなります
そして、変形性腰椎症の場合は、立ち上りや歩行・階段昇降に支障が起こる事もあります。まれに、腰椎の変形により、「脊柱管狭窄症」が起きて、間欠性跛行(かんけつせいはこう:歩くとお尻や足に痛みやしびれを感じ、歩けなくなる。少し休むとまた歩けるようになる症状を間欠性跛行といいます))の症状が出る事もあります

X線単純撮影で脊椎の変形や骨棘の確認ができますが、CTやMRIを使えばさらに正確な診断が可能になります。X線単純撮影で骨棘などの変形が確認されることはあっても、痛みやしびれのない無症状の場合が、実際には多くみられます

3.変形性脊椎症について:その(医学的)原因は?

変形性脊椎症の原因は、高齢・老化現象、スポーツや重いものを運ぶ機会が多く、背骨に負担をかけてきた場合などですが、肥満・体重過多とも関連性が高いと言われています

4.変形性脊椎症:その一般的な治療は?

痛みや変形が大きい場合は、変形性頸椎症では頸椎カラーで、変形性腰椎症の場合は腰部コルセットで患部を動かさないように保護します

電気療法・温熱療法などの理学療法やマッサージ、消炎鎮痛剤や筋弛緩剤、ビタミンB12剤などの薬が用いられる事もあります

理学療法士がおこなうリハビリテーションでは、関節可動域訓練や筋力強化、手指の動作や歩行訓練が行われます

ただし、それで回復せずに、動くとまた腰痛が出るなど症状をくり返す、症状が進行する場合には、ブロック注射、手術が検討される事もあります

 

地 図

重症の腰痛専門整体室
・欣令-Kinrei-

住所

〒196-0021
東京都昭島市武蔵野 2-22-6

アクセス

西武拝島線 西武立川駅徒歩15分
JR青梅線 中神駅徒歩20分
駐車場:有り

受付時間

                        9:00~21:00

定休日

                     休みは不定休