お気軽にお問合せ・ご相談ください
090-6129-5764
受付時間
9:00~21:00(定休:日曜日)

「脊柱管狭窄症」「腰椎すべり症」「完全に治せる整体院」が、まだ見つからないあなたへ!

筋肉と神経を正常にして
『脊柱管狭窄症・腰椎すべり症
をきっちり治す
「腰痛専門整体室・欣令」

決してあきらめないでください!
 
脊柱管狭窄症・腰椎すべり症の真の原因は
「背骨のズレや変形」でなく、あくまで
『筋肉と神経の機能障害』です
 理学療法士として30年、整体開業して15年
 修練した筋膜リリースなどの整体技術で、
 
筋肉と神経を「問題なし」の状態にします

開院以来、累計7.269名(2022年6月末現在)
 
の脊柱管狭窄症・腰椎すべり症で悩む方々を
 改善させていただきました(改善率は
92.1%です)
 そして、「
手術が必要」と言われた方々の
 9割以上は、手術をしなくて済みました

手術回避への道を、一緒に歩みましょう!

お任せください。私がお役に立ちます!
 痛み・しびれ専門、「筋肉・神経」を元の状態に回復する『整体室・欣令』が、あなたのお悩み・苦しみを解決させていただきます!
私と一緒に、脊柱管狭窄症の痛み・しびれのない生活を取り戻しましょう!

  • 脊柱管狭窄症・腰椎すべり症による痛み・しびれが、整形外科でブロック注射をしても、リリカやロキソニンなどの痛み止めを飲んでも、手術をしても良くならなかったあなたへ
  • 「手術が必要です」と言われて、どうしようか、迷っていらっしゃるあなたへ
  • 理学療法士、筋膜リリースのインストラクター資格を持つ腰痛・しびれ改善の専門家があなたのお悩みを解決します
  • あなたは、痛みやしびれの間違ったを説明を受けて、それを信じていませんか?
  • 痛みやしびれの本当の原因は「骨のズレ、変形」ではなく、「筋肉と神経の機能障害」です

  • 痛みやしびれの本当の原因を知り、その原因を無くす治療を日々実践している整体院が「腰痛専門整体室・欣令」です
  • 自分の生活、家族を守るためには、しっかりと結果の出せる整体院が必要です
  • 当院に来ていただければ、時間の無駄、金銭面の損失、そして「後悔」は決してありません
  • 来院し、完治された方々の「勇気を出して、ここに来て、本当に良かった」というお気持ちを、あなた様も体感してください

目 次

この方々との関わりが大切な財産です

当院の新型コロナ対策

当院は完全予約制で、接触者は私のみですので
感染の恐れはありません。ご安心ください

   
あなたは、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症と整形外科で診断され、こんなつらいお悩みはありませんか?

下記のお悩みに1つでも当てはまりますなら、きっと腰痛専門整体室・欣令-Kinrei-がお役に立てます

  • 病院やクリニックで「脊柱菅狭窄症」「腰椎すべり症」と診断されたが
    リリカやロキソニンなど、痛み止めの薬しかもらえなかった
  • レントゲンやMRIだけの画像診断にたより、患者の身体に全く触れようと
    しない整形外科での安易な診断に納得がいかない
  • 痛み止めのブロック注射も打ったが、効かず痛みが続いている
  • 少し歩くと足にしびれが出てくる。立ち止まったり、座ってちょっと休むと
    また少し歩けるようになる
  • 脊柱菅狭窄症の痛みやしびれに悩む自分の姿に、夫や家族に気を使わせて
    申し訳ない気持ちでいっぱいだ
  • 脊柱菅狭窄症に悩む自分が、家族に心配をかけ、負担になってると思うと
    ついやるせない気持ちになる
  • 腰椎椎間板ヘルニア、腰椎すべり症も併発していて、お尻やももの裏に
    坐骨神経痛の痛み・しびれが強くて、辛くて仕方がない
  • とにかく、腰と足が痛くて、しびれて、日常生活がつらくてどうしたら
    いいのか、分からない
  • 夜も痛みやしびれが強くて、不眠に悩んでいる
  • あまりに痛いので、脊柱管狭窄症の手術を受けようか、迷っている
  • 病院で脊柱管狭窄症の手術を受けだが、痛みが治らない
  • 足の激痛がひどくて、歩くこともほとんど出来ず、横になっても痛く
    て寝返りさえつらい
  • 5分以上歩くことが出来なくなって、買い物もいけず、好きなゴルフ
    も出来なくなった
  • 立っているだけで、足がジンジン痛くて、しびれてつらい
  • 脊柱菅狭窄症が専門だという整体院や鍼灸院に通ってみたが、全く症状
    は改善されず、痛みに苦しみ続けている
  • 脊柱菅狭窄症が治ると言われているいろいろな方法も、時間と費用をか
    けてたくさん試してきたが、まったく効果がなかった

脊柱菅狭窄症・腰椎すべり症による痛みとしびれ、本当につらかったと思います
なぜなら、痛みやしびれは体験した人でないと、とうてい理解できないものです

そして、夫や奥様、ご家族への気づかい、申し訳ない気持ちはいかばかりでしょうか

「どうして私がこんな症状で苦しみ悩むのか」という自問自答、時には自分を責め、
「早く良くないたい」とあせる気持ち・いら立ち、将来の不安は、人にはなかなか分かってもらえないです

ここで、あなたにとっておきの提案があります

とっておきの提案

あなたが上に記されているお悩みがあり、心の奥底から、
「もうこんな脊柱菅狭窄症の身体で過ごすのは嫌だ!」
「早く、よくなりたい!!」
と思われているのでしたら、
腰痛専門整体室・ 欣令-Kinrei-で、そのずっと長い間、我慢していた脊柱管狭窄症による痛みやしびれを、根本から改善をしませんか?


もし、そんなうまい話や方法がある訳ないと思われているのなら、今すぐにこのページを閉じていただいても、かまいません
あなたの時間の無駄になってしまいますので

ただ、あなたが少しでも「改善したい」と思っていらっしゃるのなら、
このページはあなたが今まで読んでこられた中でも、脊柱管狭窄症をお持ちのあなた様にとって、とても驚愕される、強烈に嬉しい内容となっています

このまま、ゆっくりとホームページをお進み下さい

事実、当院に来室された脊柱管狭窄症に悩む患者様方は、
今までではあり得ない成果を手に入れられています

脊柱管狭窄症、腰椎すべり症の専門「整体室・欣令=Kinrei-」のホームページにお越し下さいまして、誠にありがとうございます

当院は重度の脊柱管狭窄症、腰椎すべり症で苦しむ方々を、多数改善させていただいてきた、痛みとしびれの専門の整体院です

多くの方々のお悩みの症状を改善させていただいた技術と治療成績におきましては、決して他のどの治療院にも負けない経験と実績があると、自負しております

病院で脊柱管狭窄症、腰椎すべり症と診断され、辛い症状にお困りでしたら、ぜひ「整体室・欣令」に何なりとお問い合わせ・ご相談ください

健康雑誌「壮快」(2022.2月号)に当院が掲載されました

筋肉のスペシャリストが気づいた脊柱管狭窄症・腰椎すべり症の原因とは

略 歴

本名:山本吉晴
1953年(昭和28年)立川市に生まれ、桐朋高校卒業後、国立犀潟病院付属リハビリーション学院・理学療法科を卒業。国家資格・理学療法士免許を取得、河北総合病院、国立障害者リハビリテーション病院等に勤務の後、2007年、整体院を自宅開業し、現在に至ります

はじめまして、山本欣令と申します

私は、昭和28(1953)年、立川市に生まれました

医療の専門学校を卒業後、理学療法士の国家資格免許を取得。河北総合病院、国立障害者リハビリテーションセンター病院、武蔵村山病院などでリハビリ業務に携わり、主に脳血管障害、脊髄損傷等の機能訓練、整形外科外来での腰痛・肩首痛治療に従事しました。

現在、整体院整形外科の治療だけでは、治りきらない慢性腰痛、脊柱菅狭窄症、椎間板ヘルニアなどの痛みやしびれに悩み苦しんでいる方々を対象に、自宅で整体院を開業しています

国家資格・理学療法士免許

ここで、病院の整形外科の外来を担当していた時のエピソードを紹介します

病院では、肩や腰痛に対しては、関節可動域制限・筋力強化訓練・温熱療法などありきたりのリハビリの訓練を日々おこなってきました。
今思い返すと、「痛みやしびれを治す」事とは、ほど遠いを毎日でした

それが、ある日のこと、腰痛で70歳の男性が来院され、診断名は「腰椎椎間板ヘルニアによる腰痛」、うつ伏せにはなれるのですが、腰に少しでも触れようものなら火のような激痛が走ります

しかたなく、この日は評価と温熱療法、可動域訓練でお茶を濁す形になりました。そして結局、治療らしい治療が出来ず、リハ終了となってしまいました

このことに私は大変なショックを受けました

患部に触れることが出来なければどうしようもない!でもそういう患者さんはどうすれば良いのか?
そして、この事が、
今まで惰性でしていたリハビリの訓練、治療をする私の姿勢、
「本当の痛み・しびれの原因は何か」

を真剣に見直す機会となりました

他の方法、新しい腰痛の治療法を求めて

様々な文献や専門雑誌を片端から当たる中、ようやく、患部に軽く触れながら、痛みの原因となっている筋肉を軽く刺激すると、患部の筋肉がゆるんでくるという治療法(筋膜リリース)のあることを知りました

早速、まだその頃は、あまり知られていなかった、その筋膜リリースの研修会(横山式筋二点療法ゼミナール)に参加し3年通い、その協会のインストラクター資格を取得して、さらに修練に努めました

筋膜リリースの老舗・横山式筋二点療法ゼミナールの
インストラクター資格・任命証書

2007年、自宅にて整体開業し、思うところがあり、2018年、屋号を「腰痛専門整体室・欣令-Kinrei-」に変更しました

筋膜リリースの修練を続けながら、神経ストレッチその他、様々な治療法の研修会や勉強会に参加し、「脊柱管狭窄症の痛み・しびれの本当の原因」が少しずつ分かってきました

それは、実は、筋肉・神経・関節だったのです
そして、現在は、筋膜リリースを主体にして、神経ストレッチ、MSMメソッド、その他の治療法を組み合わせて行なっています

「腰痛専門整体室・欣令」院長 山本欣令 
   保持資格

理学療法士免許(国家資格)
横山式筋二点療法インストラクター認定
日本疼痛協会アドバンスコース終了
日本体療協会アドバンスコース終了
MSMメソッドアドバンスコース終了
THE BRAIN コンプリートコース終了

 

当院の、この 筋膜リリース、神経ストレッチ、MSMメソッドを組み合せて行う独自の治療は、低刺激・短時間で、筋肉はもちろんのこと神経や内臓をゆるめることができ、関節の動きを正常化、身体の歪みを失くして、多くの慢性腰痛・脊柱菅狭窄症などに悩む方々の痛みやしびれを治癒・改善しています

そして、腰痛、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛で苦しむ方々はもちろんの事、手術を受けようかと悩む方々に、驚くほどの効果と実績をあげております

現在、私のもとには、本当の「腰痛・脊柱管狭窄症の痛みを治す」治療を受け得ずに、悩み苦しむ方々が多くいらっしゃいます

→納得のいかない説明を受けて、ただ薬を処方され、電気治療や牽引をされただけ、という方

→患部には触れてもらえず、レントゲン写真やMRIを見せられて「この腰の骨の変形が神経に触っているから」という説明に、納得できない方

→十分な説明もなく、「手術が必要」と言われた方

→自分の痛み・しびれの本当の原因も知らされず、一方的にマッサージやストレッチをされてきた方々…

→「強もみ」や「バキバキする治療」でダメージを負った方々…(実際、この様な方は、たくさんいらっしゃいます)

→改善の見込みも見い出せないまま、長い間いろいろな治療院に通った挙句、治ることをあきらめた方々…


→やりたいことはいっぱいあるのに痛みのために、シビレのせいで、断念せざるを得なかった方々…

 

このような方々の、言わばマイナスポイントをゼロに、そしてプラスポイントにしてゆくのが、私の使命・役割です
私の、治療における基本姿勢

「 あなたに、その腰痛・脊柱菅狭窄症など、その辛い痛みでこの先ずっと悩み続けて欲しくない」

「 私はあなたの味方です。あなたのお悩みを、全て私に聞かせてください!」
です

まずは、今まで治療させていただいた方々のお話、インタビューを、是非お聞き下さい!

両股・股関節、ふくらはぎが痛み、痛々しいほどでした

最初は、足のいたる所が痛み、「助けて」という感じで、来室されました、昭島市在住のTさんへのインタビューです

初めていらした時は、歩くのも難儀そうで痛々しかったのですが、数回の治療で階段昇降も問題なく行えるようになってくださいました

患部以外のところを用いて、痛む筋肉や固くなった内臓を治療するので、最初は不思議そうにしていらっしゃいましたが、そのうち、それがとても楽しくなられた様子で、私の方もなんか不思議と楽しい気分で、治療ができました

2年間、腰痛と股関節痛に苦しんできました…

2年間、整体やカイロ、鍼灸などありとあらゆる治療院に通われたものの、思うような効果が得られなかった、東村山市在住Mさんのインタビューです

「2年間が経っているので、もう治らないかな、と思いながら、来てみました。最初の頃は半信半疑で、もう治らないかなと思って、来ていたのですが、徐々に他とは違う変化が出ているなあと思うようになった」

自主トレもしっかりしていただき、段々と身体が変わり、腰痛も大丈夫になりました

この激烈な腰痛が良くなりました

ある朝の起床時、激しい痛みに襲われた、八王子市在住の山本さんのインタビューです(親戚ではありません)

腰のハリなど、前ぶれはあったのですが、無理をして仕事を続けた結果、突然の激烈な痛みが腰に起こってしまいました

幸い臀部や足のしびれや痛みは無かったのですが、腰の激烈な痛みと、鉄板のように硬くなった腰の筋肉は、なかなk、お目にかかれなかったほどのものでした
2週間に、4回治療をさせいただき、その痛みや硬さは、ほぼ元に戻りました

くれぐれも嫌な腰のハリをお感じになりましたら、すぐご連絡ください、頑張り過ぎいないでください

腰痛・股関節痛でまともに歩けませんでした

半年前から、特に股関節痛が強くて、歩行や階段昇降に困っていらした、西東京市在住の木村さんのインタビューを御覧ください

治療にとても前向きに取り組んでくださり、5回の治療でほぼ痛みは完治、治療の最終回にも、最寄りの駅(と言っても徒歩で15分)から歩いて来院されました
趣味はゴルフ、3日後にコースへ久々に出られるそうですが、少し心配です
また、なにかご不調があれば、ぜひご連絡ください

「ぎっくり腰」と言われ、接骨院に通っていましたが…

自宅近くの接骨院で、「ぎっくり腰」と言われ、通っていらっしゃいましたが、良くならず当整体室にこられました、東大和市在住の30代男性へのインタビューです

「ぎっくり腰」ではなく、椎間関節障害が原因の腰痛でしたが、3回の治療で腰痛はほぼ完治しました

私の治療に対して「優しい」と言っていただけたことは、治療家としてとても光栄なことです
また、身体が資本の仕事なので、何かございましたら、こじらせないうちに、整体室・欣令にご来室ください
お疲れさまでした

バキッというイメージがあり、整体治療を初めて受けました

身体には腰痛など、様々不調があったのですが、整体には行かずマッサージのみを受けていました、とおっしゃる昭島在住、飯田さんのインタビューを御覧ください

初回来院時のお悩みは腰痛と背中の痛み、歩行時の背骨のギシギシ感、肩甲骨のハリ、身体の冷えや不眠などでしたが、短期間に5度の治療でこれらのお悩みはほぼ解消、自主トレもお伝えし、今後は月一度のフォローアップです
ハキハキと外連味なく、何でもおっしゃってくださるので、こちらもついつい乗せられてしまいました 。一回目のフォローアップ時の、第一声が楽しみでもあり、怖い感じもしますが…

今は股関節痛も良くなり、10分以上歩けるようになりました

半年前から、左股関節の痛みが強くなり、左膝痛や足裏のしびれもあり、歩行がままならず、立つ時に辛さを感じていらした昭島市在住、60代女性のインタビューを御覧ください

背骨の歪みや股関節の臼蓋形成不全が原因の股・膝痛で、ご本人の希望は「痛みを取り、安心して歩行がしたい」でした。当院の6回の治療で、痛みはなくなり、杖無しで、自信を持って歩けるようになりました

6回、真面目に治療に通っていただき、真摯な態度・発言に、治療する側も敬服いたしました

仕事中に傷めた腰が、トレーニング再開できるくらいに楽になりました

かがむ度に、鋭い痛みが腰に走り、仕事や趣味の筋トレに支障をきたしていた昭島市在住・矢島さんへのインタビューをご覧ください

治療は5回で終了、お悩みの腰痛は完治、すでに筋トレやランニングなどのトレーニングを開始されています
つま先立ち重視など、以前のトレーニング方法に少し問題があり、それが腰痛の原因の一つになっていました。やはり自己流はリスクが伴いますので、月に一度は、メンテナンスにご来院くださいね

10年前から苦しんできた背部痛・腰痛が、驚くほど良くなりました

かがむ・背中を反らすと背中や腰が痛み、いろいろな治療院に通っても納得のいく結果が得られなかった昭島市在住・Iさんへのインタビューをご覧ください

学生時代はバスケットに本気で取り組み、就職されてから、特に、10年前から背部痛・腰痛が強くなった方、治療は10回を要しましたが、お悩みの痛みもほとんど無くなりました。こちらがお願いした自主トレやストレッチにしっかり取り組んでいただきました
そして、痛みがあるとどうしても、動作・運動不足になるので筋力が落ちてしまいます。今後は月一回、筋力の面を中心にフォローさせていただきます

初回は、腰痛と坐骨神経痛による痛みとシビレで、足を引きずって来室されました

腰痛と坐骨神経痛で仕事を休まざるを得なかった、仕事現役の74歳男性のインタビューを御覧ください

症状は腰痛と坐骨神経痛による臀部・足の痛み・シビレでした。途中でギックリ腰を発症するという、紆余曲折がありましたが、5回ほどの治療で痛み・シビレは全快いたしました
74歳とはとうてい思えない、体力、気力、そしてこちらが受ける迫力とで、終始押されっぱなしの治療でした
いつまでも元気で!

10年間悩みのタネだった膝痛が良くなりました

医師からは「内側の半月板がギザギザだ」 と言われ、どこに通っても芳しくなかった昭島市在住・Mさんへのインタビューをご覧ください

「スクワット、階段の昇降、屋外の走りのときに両膝が痛み、10年間、少し良くなったり、悪くなったりの繰り返しでした」との事。なかなか良い治療院に巡り会えなかったようでしたが、当院2回来院していただき、膝そのものばかりでなく、臀筋や仙腸関節を治療して、短距離ですがコンクリートの上を走っても大丈夫なくらいまで回復されました
単身赴任でお仕事、頑張っていらっしゃいますが、またご不調のときは、ぜひご来院ください

治療後、 生まれて初めて、肩や首の 「無痛状態」を経験しました 

「ディスクワーク中心の仕事で、辛い肩や首のコリがいつもありました。ここの治療を受けて、初めて無痛状態というものを感じました」 とおっしゃる都内在住・松野さんへのインタビューをご覧ください 

2週間毎の頭痛で悩んでいらした松野さん、治療時は頭痛はなかったのですが、辛い時はマッサージ店に行くものの、効果はやってもらった時のみで、揉み返しもあったようです
なかなか治せる治療院に巡り合わなかったのですが、今度つらい時は、またご来院ください。頭痛も治しましょう!

原因を追求・究明して、治療してくれて良かった 

「歩くたびに、両方の臀部痛が痛くて」 とおっしゃる、昭島市在住・御厨さんへのインタビューをご覧ください

「歩くと両側の臀部が痛くなり、歩くことが嫌になっていたのですが、ここは原因を追求・究明して、治療してくれて良かった」と、言っていただきました。

仕事は運転業務が主で、今回の痛みで通われた治療院は当院が三箇所目とのこと、原因は、肩や肩甲骨周囲の筋肉の硬結、猫背、手の疲れでした。臀部が痛いからといって、腰や臀部にばかり目がいっていると、本当の原因は分からない場合が多々あります

 若い頃からの腰痛と腿の外側の違和感が… 

「20年来、苦しんだ腰痛と両腿外側の痛みのようなしびれのような違和感が初回の治療で、大きく変わりました」とおっしゃる、フェーシャルエステのプロ、昭島市在住・小瀧さんへの インタビューをご覧ください

なかなか治せる治療家に巡り会えなかった彼女は、フェーシャルエステのサロンを昭島市内で開業されているプロ。当方からの意見や説明等もしっかり理解していただき、自主トレにもしっかり取り組んでいただき、3回の治療で、痛みは完治しました

前かがみの姿勢や立っていると、腰痛が強くなって、仕事に支障があり、肩コリもつらいと感じてました

「今回の腰痛は、半年前からで、整体に通いました。その時は気持ちが良いのですが、根本的には治りませんでした」 とおっしゃる昭島市在住・Iさんへのインタビューをご覧ください

職業がカメラマン、重いカメラや機材を持っての仕事に、腰痛はほとほとつらいと推察いたします。肩痛や腰痛は慢性的ものになっていました
4回の治療で腰痛は無くなりましたが、なんとその主な原因は肩痛と内臓の腎臓でした
肩こりや首こり、腎臓の硬結が腰痛を引き起こすことはしばしばありますし、特に肩痛やコリはしっかり治す必要があります

朝、臀部の痛みがあると一日憂欝でしたが、今はすっきりと朝を迎えられます

「一か月前に、物を運ぶ作業中に腰を痛め、それ以来、腰や臀部の痛みや重さが回復しませんでした」 とおっしゃる、昭島市在住・志茂雅彦さんへのインタビューをご覧ください

朝起きた時から、症状(腰や臀部の痛みや重さ)が感じられるので、憂鬱な日々を過ごされてきたとの事。3回の治療でぶり返しも無く完治。
こちらの説明をしっかり理解され、自主トレにもしっかり取り組んでいただきました

 

二十数年来の肩や背中の痛み・腰痛がすっかり解消!

「二十代の頃からの腰痛・おしりの痛みと、肩こり・背中の痛みによる不眠が悩みでした。短期間の治療でどんどん良くなり、熟睡もできるようになりました」とおっしゃる、女優・吉田羊似の立川在住、40代女性へのインタビューをご覧ください

初めて当整体室に来られた時は、とても辛そうでした。腰の反りがとても強く、夜に横になっても、安眠がなかなかできなかったとの事でした。2週間で、5回の治療をを行い、どんどん腰痛などの痛みや背中のハリが解消して、楽になられま

治療院の「強もみ」で傷めた身体が。もう少しで全快です

「ここに来る前に、4カ所の整体に通いました。バキバキという強もみの治療(?)をされ、背筋を傷められ、どこか良いところはないかとネットで探して連絡しました」とおっしゃる国分寺市在住・斎藤勇太さんへのインタビューです

斎藤さんを治療した整体師は、肘に体重をかけて、斎藤さんの背中にありったけの圧をかけたそうで、傷められたところは、強度のむくみと緊張でひどい状態でした。治療を重ねるうちに、だんだんとむくみも取れ、筋肉も正常に近いものになってきました。ようやくゴルフもできそうです

5年前からの腰痛とシビレから、やっと開放されました

 

「これが最後と思って、この整体室を訪ねました」とおっしゃる、5年前から腰痛とシビレにお悩みだった都内在住・丹羽浩介さんへのインタビューです

仕事が消防関係という事で、腰痛やシビレはその職務の遂行にも少なからず、影響があったものと思います
シビレは一日中続くので、実に嫌なものです。お悩みはいかばかりかと思いましたが、治療後の晴れやかな丹羽さんのお顔は忘れられません。ご活躍をお祈りします

 

はしご段から転落し、強打に腰痛が良くなりました


「 2メートルの高さから落ち、整形外科を受診し、骨には異常はなかったが、しばらくして腰が痛くなり、起き上がりや前にかがむ時に強い腰痛が起こるようになりました 」とおっしゃる八王子市在住・廣野光直さんへのインタビューです

打撲による腰痛は、痛いところが良くなると、今度は別の場所に痛み出てくる。それが良くなると、また別の場所が…。その繰り返しが特徴的ですが、それにもめげず、治療にお付き合いをしていただきました
廣野さん、ありがとうございました 

前屈みの時の腰痛と走るときの臀部痛に苦しんでいました

「職業がプロ野球選手なので、腰痛と臀部の痛みは悩みの種、不安の元でした。おかげさまで楽になりました」とおっしゃる埼玉県熊谷市在住・木水誉之さんへのインタビューです

さすがに、若くて鍛えられた身体、痛みは割と強かったのですが、2回の治療で痛みは完治しました。埼玉独立リーグのチーム所属という事で、痛みの無くなった身体でもって、ご活躍を祈ります

長年の悩みの腰痛と肩こりが
なくなりました

「接骨院などを転々としたが、スッキリと治る感じがしなかった。今は朝のこわばりも無く、腰も軽くなり、子供を抱く時も辛くないです」とおっしゃる昭島市在住・山本陽子さんへのインタビューです

働くヤングママの山本さん、接骨院に通い、調子は良くなるもののすぐぶり返す、また通う、そしてまたぶり返すの繰り返しの状態。よくあるパターンです

しっかり治療と自主トレに取り組んでいただき、ようやく悪循環から脱することができました

ふくらはぎが痛くて、まともに歩けませんでした

「元々、腰痛と股関節の痛みがありましたが、3か月前から右ふくらはぎの痛みが強くなり、歩くのにも難渋していました」と、痛みに耐えつつ来院された立川市在住・森光子さんへのインタビューです

工場で元気に働かれている、まだまだ現役の森さん。初診の時は、足の痛みで痛々しかったのですが、また現場に復帰できそうです。良かったです

坐骨神経痛・膝痛・もものハリがウソのように、楽になりました

「坐骨神経痛で両ももや膝周りが張って痛かったのですが、治療で楽になり、足が軽くなりました」とおっしゃる昭島市在住・武田喜美代さんへのインタビューです

マッサージには、良く通われているそうですが、原因は、別の筋肉や内臓で、やはり、痛いところ、ハリのあるところを揉むだけの治療では限界があるようです。また辛いときは、ご来院ください

 

10年来の腱鞘炎と肩こりが良くなりました

「手首の腱鞘炎は、整形外科で痛み止めの薬を渡されただけ、肩こりは自宅のマッサージ機でしのいでました」とおっしゃる昭島市在住・小松令子さんへのインタビューです

当院の治療を受けていただき、痛む所を揉むマッサージと違い、全身的に関連のあるところを治療して治すという、当整体室のやり方を理解していただきました。 手首の腱鞘炎も、手首や前腕ばかりでなく、肩周囲や首の筋肉腰部も見ていかないと、本当の治す治療にはなっていきません

 

6回の治療で、膝と腰の痛みが無くなりました

「旅行で膝を傷め、以前から腰痛もあり、今までいろいろな治療院や整形外科に通いました。が結果は思わしくなく、わらをもすがる思いで連絡をしました」とおっしゃる昭島市在住・中野照代さんへのインタビューです

「説明がとても分かり易く、ここの治療で痛みが軽くなってゆき、今では階段の昇り降りも、痛みなくできるようになりました。治療は実際に受けてみないと解らないです」と6回の治療後におっしゃっていただきました。スキューバダイビングはされましたでしょうか?

「お客様の声」では、もっと多くの方々の、喜びの声とインタビューの内容が紹介されています
是非、ご覧ください

ここで、脊柱管狭窄症の原因と当院の治療方針・施術方法説明させていただきます

あなたは、脊柱菅狭窄症と診断されて、こんなことを頑張ってきませんでしたか?

  • 1
    病院やクリニックで処方されたリリカやロキソニンを飲み続けている
  • 2
    痛み止めのためにブロック注射を打った
  • 3
    整形外科で、牽引で腰を引っ張ってもらった
  • 4
    整形外科の理学療法士からリハビリを受けている
  • 5
    接骨院で電気を流してもらい、その後にマッサージをしてもらっている
  • 6
     
    「脊柱管狭窄症を治す本」などを購入して、自分で体操やストレッチを頑張ってみた
  • 7
    1
    脊柱管狭窄症など、背骨の問題を専門にしている整形外科を受診した
  • 8
    脊柱管狭窄症の施術が得意だという整体院を、ネットで調べて施術を受けてみた
  • 9
    あまりに痛いので、思い切って背骨を削ったり、固定する手術を受けた
  • 10
    テレビや雑誌腕紹介されていた、脊柱管狭窄症の名医のところにも通ってみた

    いろいろ試してみたけれど、結局改善されず、これから自分はどうしていったらよいかと、
    痛み、しびれの苦しみだけでなく、不安な気持ちに陥ってしまっているかもしれません

では、なぜ整形外科・クリニックでは脊柱菅狭窄症・腰椎すべり症が改善しなかったのでしょうか?

レントゲン写真(左:正常.右:脊柱管狭窄症)

足腰の痛みとしびれの症状で整形外科に行くとまずはレントゲンやMRIで写真を撮ります

そして画像を見て、背骨の変形やズレなどの異常があれば、脊柱管狭窄症であると診断されます(右のレントゲン写真を参考にして下さい)

写真を見せられて、「背骨の変形やズレが神経を圧迫して、痛みやしびれが出ている」と、説明されると、ほとんどの方が、その説明を信じてしまう事でしょう

しかし、脊柱管狭窄症の症状の痛み・しびれは、残念ながら整形外科ではあまり改善していないというのが実情の様です

なぜ整形外科ではアナタの痛みとしびれが改善しなかったのでしょうか?

そのあまり知られていない本当の理由なのですが、、、

なんと
背骨の変形による「神経の圧迫」が痛みやしびれを起こすことはないんです!



簡単に言えば
「脊柱管が狭くなって神経を圧迫している事」=「痛み・シビレの原因」ではないのです!

画像に写る背骨の変形の大部分はアナタがお悩みの痛みとしびれの本当の原因ではないのです!

私一個人が経験的に、「脊柱管狭窄が痛みを引き起こすことはない」と言っているのではなく、医療の先進国ではこの考え方がもはや常識なのです

次に、右の表は
脊柱管狭窄による背骨の異常と痛みには関連性がないことを示す
とても有名な研究論文に載っていたものです

1992年、アメリカのBigosらの研究によれば、雇用前に健康診断を受けた労働希望者203名、急性腰痛を発症した労働者207名、6か月以上の慢性腰痛の方200名を対象に2名の医師によって、レントゲンの画像診断をしてもらい、骨の異常検出率を比較しました。
1992年、アメリカのBigosらの研究によれば、雇用前に健康診断を受けた労働希望者203名、急性腰痛を発症した労働者207名、6か月以上の慢性腰痛に苦しむ人200名を対象に2名の医師によって、レントゲンの画像診断をしてもらい、骨の異常検出率を比較しました。

その結果、3群の異常検出率には差がありませんでした。

すべり症を代表とされる骨の異常があろうとなかろうと腰痛の原因ではないと言えます。

簡単に言えば、痛みがない健康な方にも画像上の脊柱管狭窄症やすべり症は見つかるのです

ですから、整形外科で画像診断を行ない、「脊柱管狭窄症」「すべり症」「分離症」と診断されても必ずしも痛みの原因とは言えないのです。
 

                       TMSジャパン

右上の表の説明を追加させていただきます
右上の表の3行目の「脊椎辷り症(脊椎すべり症)」の所をご欄ください(脊椎すべり症のほとんどは、脊柱管狭窄症を起こしますので、ここでは、脊椎すべり症=脊柱菅狭窄症と考えて下さい

健康診断群、健康な方(つまり、腰痛のない方)で、背骨の異常(脊椎辷り症)のある方は4.3%、
急性腰痛群、同様に、ギックリ腰など、急性腰痛のある方の場合は2.9%、
慢性腰痛群、慢性腰痛のある方では、4.0%
という結果です

3者は、ほとんど似通った数字で、3つのグループには統計上の差はありません

四捨五入すると
健康群、健康な方、4%
急性腰痛群、3%、
慢性腰痛群、4%
の結果です

つまり、腰痛があっても、無くても、背骨の異常の数が変わらないということは、
脊柱菅狭窄症と背骨の異常は無関係
という結果が出たのです

したがいまして、背骨の変形による「神経の圧迫」が痛みやしびれを起こすことはないんです!

あなたの痛みの、本当の原因の第一は筋肉です!

あなたの足腰の痛みやしびれは、脊柱管が狭くなって脊髄を圧迫していることが原因ではないのです

結論から言えば、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症と診断されるような痛みとしびれの症状の原因の大部分は「筋肉」です

少し難しく言えば、筋肉の機能障害です

筋肉の機能障害を簡単に言えば、筋肉がこわばった状態やその状態が長く続き、固くなる(「硬結」といいます)、
固くなると、血液の流れが低下し、痛み物質が筋肉に溜まって、むくむ
あるいは、力が入らず、筋肉が上手く機能していない状態のことです

つまり、脊柱菅狭窄症の痛みやしびれは、筋肉のこわばり・硬結と筋力低下、力がうまく入らないことによって起こります

この筋肉の機能障害なのですが、レントゲンでは映りません

当然、整形外科では、画像に写る骨の変形を痛みの原因と考えますので、病院へ行っても
「この腰痛は筋肉が痛みの原因ですね」と仰ってくれる先生は少ないのす・・・


病院では痛がっている箇所すら一切触らず、レントゲンの画像だけを見て診断を下す事が殆どだと思います。

当院では、痛みの本当の原因である「筋肉のこわばり・硬結と筋力低下」を改善させる施術をさせていただきます

整形外科とは診ているところが違います。

ですので、今まで改善しなかった方々でも、当院の治療・施術で良くなるのです


最近では一部の整形外科医や麻酔科医によって「痛みの原因が筋肉である事」が雑誌やメディアで、徐々に知られるようになりました

「脊柱管狭窄症」「腰椎すべり症」と診断されやすい、硬くなった筋肉

 

特に、脊柱菅狭窄症の場合、「腰」「お尻」「太もも」「ふくらはぎ」の筋肉が硬くなっていたり、力がうまく入らない状態が、よく見られます

 


あなたの腰の筋肉やお尻の筋肉、太ももの裏の筋肉を押してみてください。

押してみて、硬くこっている所や強い痛みが出る場所、つっぱってしまっている場所はありませんか?
また、お尻の下の部分(大臀筋だいでんきん)やももの内側(内転筋ないてんきん)などに、しっかりと力が入りますか?

じつは・・・これが「脊柱管狭窄症・すべり症」と診断されている方の本当の痛みの原因なのです!!

多くの脊柱管狭窄症・すべり症の原因は「骨の変形」や「神経の圧迫」ではなく、「筋肉の機能障害(こわばり・硬結と筋力低下」が痛みの本当の原因なのです

筋肉以外の痛みを引き起こしやすい関節

骨盤と仙腸関節

ホームページで分かりやすくお客様に治療のコンセプトを知っていただくために、便宜上「痛みの原因は筋肉と神経」だとシンプルにお伝えはしましたが、
一定数の動きに伴う強い痛み症状の原因は筋肉だけでなく、」関節の動きの不具合も関係しています。

特に痛みに関与している関節は
・仙腸関節(右図参照して下さい)
・下部肋椎関節(肋骨と椎骨(背骨の骨)をつなぐ関節)
この二つの関節が痛みの原因になっています。


特に「痛すぎて寝返りすら打てない」「痛すぎて仰向けやうつ伏せにすらなれない」「痛すぎて背中をまっすぐにして立ち上がる事が出来ない」などの激痛を伴う様な症状は、ほぼ仙腸関節と下部肋椎関節の問題が関与しています。

 

一般的な鍼灸やマッサージ、整形外科などではこの関節の問題の解除が出来ないため、長年色々なところで施術を受けてきたが改善せず、当院の施術でようやく完治に至ったというお客様は数多くいらっしゃいます。

あまり専門的な話をしても難しいかと思いますので、筋肉だけでなく関節の問題も痛みに関与している事があるとご理解ください!

腰痛専門整体室・欣令は、筋肉を第一に、そして神経も併せてを診ます

先ほどご説明した通り、痛みを発している場所は筋肉のこわばりであるのならば、固くなったところを丁寧にマッサージして揉み解したら治るのかといえば、そう簡単な話ではありません。

筋肉、関節がこわばってしまうというのはあくまでも結果であって、筋肉をこわばらしてしまう、筋肉に力が入りにくくなる根本の原因にアプローチしていかなければ、本質的に体が変化して改善していく事はないのです。

整形外科、カイロ、整体、鍼灸、アロマ、マッサージと世の中に様々な施術方法がありますが、

それらと「当院」の決定的な違いは、当院では、筋肉と、その筋肉と関節をこわばらしてしまう根本的な原因である神経の働きに対してアプローチするところにあります。

右の図のように、神経は脳からの命令を筋肉などに伝え、骨や筋肉、皮膚などからの情報を脳に伝える大切なものです

「脊柱管が狭くなって神経を圧迫している事」=「痛み・シビレの原因」ではないのです!
と前にもお伝えしましたが、では神経が原因で、痛みやしびれがなぜ出るのかを、説明いたします

先程の、情報のやり取りのために神経は筋肉をおおう筋膜と筋肉に中に入り込んでいます

そして、筋肉や筋膜がこわばり、硬くなったり、あるいは筋力低下や疲労物質が溜まってむくむと、その神経に栄養や酸素を与えている細い血管が圧迫されて、血行不良状態になります。

すると、栄養や酸素が十分に来ない神経は、弾力性がなくなって硬くなったり短縮したりして、過敏状態になり、その神経と関係する筋肉に痛みやしびれを引き起こします

つまり、
筋肉の機能障害⇨血行障害⇨神経の過敏状態、となり
そして、神経の過敏状態が痛み・しびれを起こし、さらに筋肉の機能障害が悪化する

という悪循環をもたらします

私も、神経に対する治療中に、過敏状態の神経に触れると、普通は柔らかい神経が、コリコリになっています、筋張った、硬いゴムのように感じられる時があります

ですので、神経にアプローチし、問題のある時は、適切に施術をして、元のように柔らかくする必要があります


説明が長くなりましたが、
筋肉の機能障害が、
血行不良をおこして、栄養不足になった神経が悲鳴を上げている

と思って下さい

よく治療を受けたけれど、すぐぶり返す、と耳にしますが、それは筋肉の問題ばかりでなく、神経の問題を解決してない場合が、多々あります

なかなか神経まで、治療できる整体院は少ないのが現状です

 
一概には言えませんが、

整形外科=骨(変形・老化)を見る

整体、マッサージ=筋肉(コリ)だけを緩める

当院=筋肉ー関節の動きの不具合ー神経
筋肉、神経と関節
に対してアプローチします

痛みの本当の原因に働きかける、腰痛専門整体室・欣令の治療方法は

ご説明させていただいたように、脊柱管狭窄症の痛み・しびれの本当の原因は、「筋肉・神経・関節」です

それらの原因にアプローチしてゆくために、当院が用いている治療・施術方法は、下の3種類です

1.筋膜リリース
 主な目的は、筋肉や靭帯などの痛みをとる事です

2,神経ストレッチ
 主な目的は、足腰のしびれの原因である、神経のハリ、緊張、過敏状態を取り、しびれをなくすことです

3.MSMメソッド
(MSMはMuscle Strengh Managementの略です)

 このMSMメソッドは、運動療法の一種で、筋力強化、バランス訓練、動作練習などがその内容で、関節の機能を調整、整えてゆく治療法です

脊柱管狭窄症の痛み・しびれの本当の原因はの「筋肉・神経・関節」に対して、

①筋肉・靭帯などの痛み←筋膜リリース
②神経←神経ストレッチ
③関節←MSMメソッド

という図式で、治療を進めてゆきます

当院の、この3ステップの治療法の特色・特徴は

1.筋肉や神経を軽く押さえて、悪い箇所・原因を特定
2.バキバキしたり、ギューギュー圧迫しない
3.短時間で終わる
4.改善までが、今までの施術の3倍の早さ
5.かなり重症の人でも良くなる
6..根本治療なので、ずっと通い続ける必要がない

以上があげられます。それだけの、結果を出せる自信が、私にはあります

繰り返しになりますが

①筋膜リリースで、筋肉の痛み、緊張を軽くし 
②神経ストレッチで、神経が原因のしびれを取り、
③MSMメソッドで、最後に筋力をつけ、バランスを整え、関節の機能を調整してゆきます

このような、3ステップの治療・施術をおこないます

このように、3ステップでの治療で、筋肉・神経・関節の全てにアプローチをしていかないと、脊柱管狭窄症の症状は完治しないのです

では、一つずつ、その実際を説明をさせていただきます

筋膜リリース

筋膜リリースの考え方と治療方法とは?

ここで、あなたに質問をさせていただきます

「あなたは、自分の腰痛の“本当”の原因は、どこか、ご存知ですか?」

どこか、というのは身体の部位、場所のことをお尋ねしています
腰が痛いんだから、原因となっている部位、場所は腰でしょうか?

そうでは無いんです
実は、痛む筋肉そのものではなく、『本当の痛み・しびれの元』が他にあります。
例えば、『腰痛の原因は、腰とは限らない』『肩や首、お尻、足の硬さが、腰痛の原因となり得る』
という事なんです

それは何故かと申しますと、(左に人間が描かれた下の図を参考にしてください)

まず、筋肉とその筋肉を包む筋膜は、ボディースーツのように全身を包んでいます
そのため、

下図の①「引っ張る」(本当の原因)では何が起きているかといえば
疲労やゆがみなどによって、筋肉を包む筋膜全体が硬くなり、引っ張られ、筋肉がこわばって硬くなります

 

そのために、②「離れたところに痛みが出る」(結果)では
①の「引っ張る」ところから、離れた腰・お尻・足に痛みやしびれが出る

これが、
『こわばり・硬結・痛みのつながり』「①→②(原因と結果のつながり)』
なのです
そして、この
『つながり』を用いた治療・施術が筋膜リリースです

筋膜リリースの実際の治療・施術は

1.   評価・検査によって、①の『本当の原因』を突き止めます

2.②の痛みやしびれのある所に軽く触れながら、
       ①の「本当の原因」の筋肉や筋膜に、軽く押す
刺激を与えて、
       ②の離れた腰・お尻・足に痛みやしびれをとっていきます

これが、筋膜リリースの治療の順序です
この順序で、治療をしてゆくと、短時間に痛みもなく、筋肉の痛みやしびれが取れてきます

治療をされている、患者様からは、どうしてここが腰痛に関係するのか、と不思議がられますが、本当に痛みが軽くなる、無くなってくるので、身体の「つながり」のことを説明させていただくと、何となく、納得していただいていまする

神経ストレッチ

神経ストレッチの考え方と治療方法とは?

筋膜リリースを行なって、腰やお尻、足に痛み・シビレが残っている場合に、硬くなり、過敏になった神経を、神経ストレッチで元通りに治してゆく必要があります

手順は、筋膜リリースとほぼ同様です

1.   『つながり』を利用する評価・検査によって、神経が硬くなる、
   過敏になる『本当の原因』を突き止めます
。それが、筋肉で
   あったり、神経であったりします

2.硬くなり、過敏になった神経に軽く触れながら、「本当の原因」
  の筋肉や神経に、軽く押す刺激を与えて、神経の柔軟性をとり
  もどしてゆきます

これが、神経ストレッチ筋い膜リリースの治療の順序です

神経ストレッチは、その硬くなった神経を他の関連する部分(つながっている部位)を刺激してゆるめてゆく、他では見られない独自の治療法です

筋膜リリースと同様に、この方法・順序で、治療をしてゆくと、短時間に神経が柔らかくなり、筋肉の痛みやしびれが取れてきます

MSMメソッド

MSMメソッドの考え方と治療方法とは?

筋膜リリースや神経ストレッチによって、痛みやしびれが軽くなった後は、MSMメソッドによる施術が始まります

ここでやめてしまう整体師がとても多いです。でもそれではだめです。なぜかというと、、、

 

【筋肉を強くする】

体の構造として、筋肉は対立して動いています
例えば、上腕二頭筋と上腕三頭筋(右図参照)のように、片方が伸びている時はもう片方が縮むように出来ており、この様にして、腕を曲げたり伸ばしたり出来るのです。肘の関節の曲げ伸ばしのスムーズな動きが可能になります


ただ、上腕二頭筋に痛みがあって、ある期間その動きが制限されていると、その対立して動いていた筋肉、反対の作用をしている上腕三頭筋は、「さぼり筋」(動きをしなくなる筋肉)となり、筋力が低下してしまいます
そうなると、肘の関節がうまく動かせなくなります

ですので、痛みやしびれの治療の後は、痛みやしびれのあった筋肉の対立する(反対の動きをする)筋肉を中心に、筋力強化をして、関節の動きを本来のものにする必要があります

実際の筋力強化は、主に治療者が徒手で抵抗をかけておこないます。最初は、重力のかからない肢位、仰向けやうつ伏せでおこなう事が多いのですが、徐々に重力のかかる肢位でおこなってゆきます

 

【動作を改善する】

筋力が弱いままにすると、関節の動きが自分でコントロールできず、バランスが取りにくくなり、いろいろな動作に支障が出ます

筋力強化の治療で、弱かった筋肉が強くなり、関節の動きがスムーズになってくると、次に、バランス・姿勢や歩行を中心とした動作の練習を行ってゆきます

ですが、今までと同じように身体に負担をかけるような姿勢や動きをしてしまうと、元通り痛みを引き起こす状態になってしまいます。そこで、、、

そもそも、痛みが出るのは、身体の正しい使い方を忘れた状態だからです。
痛みが長く続くと、正しい姿勢のとり方も忘れてしまうものです。
そこで、本来の身体に負担のない動きを練習してもらいます。
具体的には、歩行や立った姿勢を正していただきます。負担のある動きをしていては、身体が悲鳴を上げるのは時間の問題です

これは、大変と思うかも知れませんが、やればやるほど上手になるものです。
そして動作の改善が出来れば、二度と痛みを再発させない状態にすることも可能なのです。
まさしく、痛みゼロの生活を手に入れることができます

このようにして
筋膜リリース
神経ストレッチ
MSMメソッド
という順で進めてゆく当院の3ステップの治療が、痛みを完全に根本から改善し、再発しないようにするた

当院がお客様に選ばれる11の理由

理由その:脊柱管狭窄症、重症の腰痛などの症状に特化した専門整体院です

「腰痛専門整体室・欣令」は整形外科や整骨院で脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の、重症の腰痛が治らなかった方の為の痛みとしびれ専門の整体院です

主に整形外科で脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、坐骨神経痛と病名を診断され、来院される方が全体の7割を占め、月間で150人以上の方を院長の私一人だけで施術させていただいております

来院される方のほとんどが整形外科や接骨院・整体院・鍼灸院などで改善しなかった難治性の症状でお悩みの方ですばかりです

痛み治療に特化して脊柱管狭窄症や重症腰痛の方と、日々真剣勝負で向かい合い臨床経験を積んできました

今年、開業してから16年目、当院には痛みとしびれ症状に関して、どこの整体院にも引けを取らない経験と実績があります

理由その:痛み・しびれに対する考え方が、根本的に病院とは違います

「痛みの原因は筋肉である」ことを伝える   月刊誌・書籍

病院を受診するとMRIなどの画像診断で椎間板が飛び出していたら椎間板ヘルニア、脊柱管が狭くなっていたら脊柱管狭窄症、腰椎が滑ってずれていたら腰椎すべり症と診断されます。
(画像診断ではっきりした異常が見つからなかった際にはくるしまぎれに、坐骨神経痛というあいまいな診断が下されます)

病院では画像に写る構造上の異常が痛みの原因と考えています

「背骨の変形・ズレによる神経の圧迫」=痛みやしびれの原因

しかし、これはまちがいです。この説明には多くの矛盾があり、海外ではもはや時代遅れとなっています

痛みの原因は「背骨」ではないのです!

「腰痛専門整体室・欣令」では、痛みの原因の第一は筋肉だと考えています

少し難しい言葉を使うと、痛みの原因は「構造の異常」ではなく「機能の異常」なのです。
構造の異常は画像に写っても、機能の異常は画像に写りません。

痛みをどうとらえるかという事は、治療を考える以前にとても大事な事になってくるのです

いくら優れた治療法であっても、原因ではないところに向けてアプローチを続けたところで痛みが改善する事は、決してありません
病院で背骨を固定したり削ったり飛び出した椎間板を取り出したりする手術を受けたのに痛みが改善しない方がいらっしゃるのはその為です

これは「腰痛専門整体室・欣令」が勝手に提唱している概念ではなく、最近では様々な一般書籍でも言われている痛みの真実なのです。

理由その:脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアなどによる痛みやしびれの症状の、本当の原因は「筋肉、神経、関節」ということを知っているから

整形外科では改善しなかった、何件も施術院をまわったが改善しなかった、手術を勧められてしまった、などの重症患者様が多数来院して改善しています。

これは、「理由その2」で申しあげましたが、痛みやしびれの原因は、まず第一に筋肉の機能障害、他の原因として、神経と関節があります。これら、筋肉・神経・関節がお互い影響する「悪循環」のために、痛みやしびれの症状をもたらします

そして、この「本当の原因」をしっかりと認識して、治療・施術をしている病院や整体院、鍼灸院、接骨院は驚くほど少ないのです

ですから、「整形外科では改善しなかった、何件も施術院をまわったが改善しなかったが、手術を勧められてしまった」ということが、頻繁に起こるのです

理由その:足腰の痛みやしびれの原因(場所)を見つけ出し、それをご理解いただいてから治療・施術をします

『痛む所そのものが原因ではないです、別にあります』

筋肉とその筋肉を包む筋膜は、ボディースーツのように全身を包んでいますそのため、痛む筋肉そのものではなく、筋肉・筋膜(筋肉をおおう膜)でつながっている他の筋肉が本当の痛みの原因、“犯人”なのです。

実際、肩のコリが腰痛の原因であったり、逆に腰のハリが首の痛みを引き起こしたりしています。
ですので、いきなり腰をマッサージするのではなく、当院では入念なカウンセリング・検査を行い、お客様ごとに「腰痛の本当の原因」を正確に見つけていきます。

「痛みの本当の原因」を見つけて、本当の治療がスタートしていきます


この事を理解せずに施術している整体がとても多いのです。だからあなたの腰痛は改善していないのかもしれません

理由その:NHK「ためしてガッテン」で紹介された筋膜リリースを主体に、併せて神経ストレッチ、MSMメソッドで治療・施術している

筋膜リリースの老舗・横山式筋二点療法ゼミナールのインストラクター資格・任命証書

なぜ、当院だけがこれほどまでに圧倒的に脊柱菅狭窄症を改善し続けることができるのか?

それは、整体開業して15年、累計7.269人の脊柱菅狭窄症でお悩みの方を改善させていただいた経験から、腰痛に特化した筋膜リリース・神経ストレッチ・MSMメソッドを組み合わせた、他では見られない施術・治療方法です

当院の治療方法は、筋膜リリースで硬くなった筋肉の柔軟性を取り戻していくことで痛みやシビレを徹底的に改善させていきます。また、神経ストレッチで神経の緊張・ハリまで取り、MSMメソッドで関節の動きを正常にして、身体の歪みを失くしてゆきます

あなたは「施術した直後は痛みが楽になるけど、しばらくすると元に戻ってしまう」といった経験はありませんか?
当院の治療は、痛む場所をむやみに揉む、単純なマッサージとは違います。的確に筋肉を柔らかくしてゆきます

 

当院独自の治療・施術を受けることであなたは、本来の筋肉・神経の柔軟性と関節の正しい動き取り戻し、脊柱菅狭窄症のない生活を送ることができます

理由その:「ボキボキ!」「グイグイ!」と痛くて、危険な施術は、一切行いません

初めての方はどんな施術をするのか不安になられている方も
いらっしゃるかと思いますが、当院で行っている施術は「ボキボキ」したり「グイグイ」強くマッサージしたり、身体を大きくひねったりすることは、決してありません。

当院は、痛みやしびれの真の原因は「筋肉・神経・関節」と考えていますので、筋肉や神経はもちろんのこと、関節や骨にも、強い圧力、度を過ぎた圧迫をかけることは論外です

当院で使用する治療手技はどれも低刺激で痛みが伴う事はほとんどありませんし、子供・安定期の妊婦さんも安心安全に施術しております。また、90歳代の高齢の患者様も通院して下さっています

非常にソフトタッチなので、実際に施術を受けているお客様からは「眠ってしまいそう」というお声をしばしば耳にします

理由その:国家資格の理学療法士30年、整体開業して15年と経験豊富です

国家資格・理学療法士免許

あなたは、整体院は国家資格がなくても開院できる事実をご存知ですか?

整体院によっては、全然経験のないスタッフがたった2週間程度の研修でお客様をみることもあるそうです。これは、当院に腰痛で来院された、そういう整体院で勤務されているスタッフの方から聞いた話です

当院は違います。私は、理学療法士の国家資格を保有しています。大規模病院やリハビリセンターに勤務し、多くの患者様にリハビリをしてきました。更に、長い経験にあぐらをかくこと無く、年間50万~100万円単位の勉強会に参加し日々治療技術の鍛錬を怠りません

 そのため、他では見られない改善実績を残すことができます

理由その:痛み・しびれのない身体を維持する自主トレや、正しい姿勢の取り方などを指導させていただく

一度は痛みやしびれが良くなっても、時間が経過すると、再発してしまう経験をお持ちではないでしょうか?
それは、皆さんがいつも行っている動作や、姿勢に悪いクセがあるという事が、原因の場合もあります

理学療法士30年、当整体室開業15年の経験を生かして、その悪いクセを見つけ出し、自身で行える自主トレのメニューや、正しい姿勢、脊柱菅狭窄症を起こさない身体の動かし方をご指導させていただき、痛みのない生活を維持していただきます

また、仮に多少痛みが出てしまっても、自身である程度ケアすることができるようになりますので。患者様は安心して日常生活を送ることができます

そして、万が一、再発してしまった時は、どうぞご連絡下さい。あなた様の腰痛・脊柱菅狭窄症の担当として、再び関わらせていただきますので、ご安心ください

理由その:完全予約制で、あなたに接触するのは私のみ、コロナ感染の危険はありません

当院は完全予約制で、治療時間は、一回、40分、マンツーマンでさせていただきます

その時間を使って痛む部分を温めたり、電気治療をしたり、無駄話をすることは決してありません

この時間は、私があなたの身体に直接触れて治療する時間、あなたと私だけの時間、誰にも邪魔をされない時間なのです

あなたに、接触するのは私だけ、新型コロナの感染の恐れはありません。そして、脊柱管狭窄症のない生活を取り戻していただく『真剣勝負』の時間です

理由その10 :あなたに合った最適な通院プランをご提案します

多くのお客様から
「私の脊柱管狭窄症はどのくらいで改善してくるの?」
「あと何回来ればいいの?」
「間隔はどのくらい開ければいいの?」
という質問を、よくうかがいます。

お身体の状態は十人十色ですし、様々のご都合・ご事情もお有りだと思います。

当院ではそれぞれの方に、最適な通院プランをご提案いたします

理由その11:あなたを一番に考え、最初から責任を持って治療・施術させていただく

多くの整体院や接骨院では、通院するたびに毎回別の先生が担当し、同じことを何度も説明しなくてはならない。また、先生によって施術技術にムラがある。こんな経験をされたことはないでしょうか?

整体室 欣令-Kinrei-では、施術者は私一人。毎回、当日の体調や症状をお聞きしたうえで、治療目的・治療内容をご説明させていただいてから治療に入ります。
院長自らが最初から最後まで責任を持って、あなたにしっかり向き合います

開業して15年、様々な治療技術を学び圧倒的な施術実績がある院長・山本自らが、一人一人の患者様を全力で施術させていただきます

先生方、心のこもったご推薦、ありがとうございました

全国から狭窄症で苦しむ方々が足を運ぶ、東京都でNO.1、狭窄症専門の整体院院長・望月先生から推薦をいただきました

「長い経験で培われた技術と知識は同業者である私から見ても、驚くほど高いですね」

繊細な感覚が要求される、筋肉と神経・関節の調整が可能な、筋膜リリースや神経ストレッチなどを用いて、山本先生ほど的確に、脊柱管狭窄症を施術できる治療師はいないのではないかと思うほどです

理学療法士でありながら、自身の理想とする腰痛・脊柱管狭窄症の治療を追求する為、整体室を開業されました

経験を重ねた現在でも技術の向上に余念がありません。
整骨院や整形外科の保険診療で治らなかった重篤な腰痛・脊柱管狭窄症の
患者さんを、毎日のようにご自身の整体室で改善させています。

その熱い志に、同じ治療師仲間としていつも刺激を頂いております

自信をもって腰痛専門整体室・欣令をお勧めさせて頂きます

市長他多くの有名人が顧客のカリスマ治療家・和田先生から推薦をいただいています

「腰痛・脊柱管狭窄症など痛み治療の“ゴッドハンド”で、お客様からの絶大な信頼を得ています」

腰痛・脊柱管狭窄症でお困りの方を救うために、専門知識と技術向上のために日々研究されている我々治療家のお手本とする先生です

特に、脊柱管狭窄症の原因部位を的確に突き止めて、根本的な改善のための、筋膜リリースを主体とした施術をされています

本気で腰痛・脊柱管狭窄症を根本から改善されたい方には、整体室・欣令をお勧めいたします

元・柔道85キロ級日本チャンピオン、その経験も活かし、整体の道に進まれた三好先生から推薦をいただきました

「自分より年上、先輩なのに。いつも謙虚な姿勢には感心させられます、その謙虚さ治療においても変わる事はありません

山本先生が腰痛・脊柱菅狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアの治療にもちいられる、筋膜リリースや神経ストレッチは、効果抜群のテクニックで、治療実績は眼を見張るものがあります

山本先生ほど常に、自らの治療テクニックの研鑽に努められている治療家・整体師は数少ないと思われます。「より効果的で、より短期間に目標が達成でき、患者さんの負担の軽い」技術を求めての、日々の技術の練磨にはげんでいらっしゃいます。

 

脊柱菅狭窄症を治したいと思っていらっしゃる方には、自信をもって「腰痛専門整体室・欣令」をお勧めさせていただきます

集客しなくても、脊柱管狭窄症の患者さんがどんどん来てしまう腕利き整体師、佐藤先生から推薦をいただいています

「私が整体を始めた頃も、何かと治療に関して教えていただきました。どんな質問にも、じっくり耳を傾けてくれ、いつも的確な返答をいただいておりました」

 

山本先生には、理学療法士としての経験が長く、病気のことや病理のことを、様々教えていただきました。感謝の念に耐えません
 

山本先生は、馴れ馴れしすぎるほどに何でも聞いてしまいたくなる雰囲気をお持ちです。そして、患者様の立場で、ものを考えることが、自然にできて、素晴らしいなあ、といつも思っていました

整体師、治療家としても、また人間としても、私の手本とさせていただいています
 

心から、腰痛専門整体室・欣令をおすすめいたします

なぜ「腰痛専門整体室・欣令」は痛み・しびれ症状を専門に
治療・施術を行なっているのか

病院では腰が痛い、足がしびれるという症状で病院に行くと、9割くらいの確率で脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアと診断されます。
薬を投与を投与して、それが効かなければブロック注射、それがダメなら手術、
1か100かの方法しか行われていないというのが現状です


その大部分の方々を、私たち「自然治癒力」「自身の回復力」に着目する整体師は、ブロック注射や手術などせずに改善する事が出来ます
この様な場末の小さな施術院が言ったところで全く信憑性はない、と自分でもわかっていますが、
実際に9割の方々は、自分自身が持っている治癒力を引き出してあげるだけで改善していきます。

私は人間の持っている秘められた力、自然治癒力に興味があってもっと効果的な施術がしたいと思い様々な分野を毎日必死に勉強をつづけてきました。
解剖学、病理学、生理学、東洋医学、整形外科学、筋膜リリース、神経ストレッチ、古典的な整体術、心理学、エネルギー療法、コーチング、、、治せるようになる為にありとあらゆるものを学びました


長年勉強を重ねて経験を積み、病院とは違った「自然治癒力を最大限に高める」とう見方で体を調整したら、整形外科で椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などの手術宣告をされる様な重症の方も改善していくという確信をもてるほどの施術が出来るようになりました


病院の痛みに対する説明の矛盾点も理解できるようになりました。
どんな方でも、本当は痛みをただ薬で抑え込んだり、ブロック注射で痛みを無理やり止めたり、背骨を削るような手術など受けたくないはずです

そもそも背骨の変形で痛みが生じているわけではなく、原因は「筋肉や神経の働き、関節」にあるのです
原因でない箇所にアプローチしたところで望むような結果はなかなか出ません

病院などで矛盾だらけの間違った治療をうけて、治らないで苦しんでいる人を救いたい、
「自然治癒力を最大限に高める」療法の力で世の中に貢献したい、
とにかく治しまくって揺るぎない結果を出し続ける事で、本当に効果がある疼痛ケアを世の中に広めたい
という、燃え滾る気持ちで
、都下の昭島市で、疼痛専門の「整体室・欣令」を運営しております

営業日・営業時間について


腰痛専門整体室・欣令の営業時間は 9:00~21:00
 完全予約制です
 ぎっくり腰など、急性の腰痛の場合には時間外で
も対応させたいただきますので、遠慮なくご連絡ください

休日は不定休

祝日(日曜日以外)は営業いたします

よろしくお願い申し上げます

治療・施術の流れ

圧倒的な、腰痛・脊柱管狭窄症の改善率を誇る、整体室欣令 –Kinrei-の施術の流れをご紹介致します

施術時間

【初回】約60分~90分(初回は施術前に痛みの原因を確認するために、検査を十分に行います)
【2回目以降】40分

1.質問表の記入とカウンセリング

まずは腰痛・脊柱管狭窄症の状態を把握したいので、当院の質問票を記入していただきます。その後、お困りの腰痛・脊柱管狭窄症について、どんな風に痛みが生じるのか、具体的に詳しくカウンセリングを行わせていただきます

どんな事でも、遠慮なく、気軽にお聞きになって下さい

2.身体状況の検査と施術方針の説明

カウンセリングをさせていただいた情報から、「腰痛・脊柱管狭窄症の原因を突き止める」ため、当院独自の検査方法を行ない、「あなたの腰痛・脊柱管狭窄症の本当の原因」を突き止めさせていただきます。

そして、何故、腰痛が起こっていたのか、あなたの腰痛は何処から起こっているのかを分かりやすく説明させていただきます。

  あなたの今のお身体の状態に合わせて、「どうやって改善するのか?」どんな方法で腰痛・脊柱管狭窄症を改善していくのか、しっかりお伝えします

3.施術開始

今までの私の経験と研修会・勉強会で学び磨きをかけてきた筋膜リリースと神経ストレッチ、MSMメソッドなどを用いて、治療・施術させていただきます

ソフトタッチでの施術ですので、痛みを感じる事なく、安心してリラックスして受けていただく事が出来ます

4.施術後の説明

初めに行わせていただいた検査をもう一度行い、施術前後の変化を確認させて頂きます。施術をして終わりではなく、本気で改善していく為の注意点もお伝えします。

ここで感じた事や思った事があれば何でも言っていただいて大丈夫です、私はあなたの腰痛・脊柱管狭窄症を改善する為に、本気で向き合いながら施術を行っていきます

一緒に腰痛・脊柱管狭窄症を根本から改善出来る様、頑張って行きましょう!

5.施術の終了

次回のご予約、ご精算をして頂いて終了となります
気なる事や悩み事などあれば何でもお話下さい

全力であなたに対応させていただき「脊柱管狭窄症ってこんなに改善するものなんだ!」と感じてもらえる様に施術させていただきます

私は「立川市・昭島市・武蔵村山市で唯一の腰痛専門の最後の砦」として、その場しのぎではない根本原因の解決を本気で行う事をお約束致します

誰よりもあなたの脊柱管狭窄症を理解し、お役に立てればと思います
もう治療院や接骨院に通わずに、安心した、痛みのない、自分らしい日常生活を過ごしてまいりましょう

あなたも当院で、そのつらい症状を改善しませんか?

なかなか治らない脊柱管狭窄症でお悩みなら、
腰痛専門整体室・欣令-Kinrei-にお電話ください
 

こんなことならもっと早くに施術を受けていれば良かった…と
多くの方から感謝のお声をいただいています

まずは一度試してみてください

あなたを辛い痛みから開放するために、

私は最後まで努力致します

治療料金について

腰痛専門整体室・欣令の治療料金は以下のようになっております

 

1回(40分):7.000円(税込)

初回治療は、問診や今までの経過やお悩みの内容・ご希望などをしっかりお聞かせいただきますので、治療時間を含めて60~90分のお時間をいただきます。予めご承知おきください

 

初回治療費の全額返金の保証付

自分の身体を、数ある整体院の中で、当院に体を任せて本当に大丈夫なのか、
難しい所だと思います
「本当に改善するの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません

これまで病院勤務から独立開業し、整体業界に入ってから早くも15年が経過し,
大変多くの腰痛で悩まれているお客様に携わってきました

それに加えて、多くの勉強会やセミナーに参加し確かな技術力を磨き、今までの経験から培ってきた整体技術で、どうしても「改善結果があまり感じられない・・・」と思われるのであれば、初回の施術が終わった時にお伝えください

1mmも改善結果が実感出来なければ、その場で施術費用を全額返金いたします!

私は改善結果を実感して貰えなかった方からは施術費用は受け取りません。
あなたが「ここなら安心して任せられる、根本改善してもらえる!」と思い納得出来た時に施術費用をお支払いください。

当院の施術で、脊柱管狭窄症の症状が改善されない方には、初回施術費の全額返金致します

あなたにリスクはありません

ご来院前に以下の点をご確認下さい

当院に向いている方と向いていない方

以下の様な方は、当院には向いておりません

だただ強く押して欲しい方
初回だけで改善すれば良いと思っている方
自分の健康に対しお金を投資出来ない
脊柱管狭窄症を自分で改善しようと意識が低い方
当日キャンセルや予約時間を守れない方

このような方には必ずお役に立つ事が出来ます

本気で脊柱管狭窄症を改善したいと意識が高い方
私がお伝えする事を守り通院が出来る方
健康の為にお金と時間を投資出来る方
日常生活でもセルフケアが行える方
当日
キャンセルせずに予約時間を守る事が出来る方

アクセス・外観・内観・地図

腰痛専門整体室・欣令

住所:〒196-0021

東京都昭島市武蔵野 2-22-6

☎:090-6129-5764

mail:yasuragi.kaifuku@gmail.com

 

西武拝島線・西武立川駅

西武立川駅南口から徒歩15分

JR青梅線・中神駅

中神駅北口から徒歩20分

 

最寄りのバス停

二の宮台
JR青梅線・昭島駅から立川バスにて6分、二の宮台停留所から徒歩8分

駐車場1

駐車場2

車の送迎をさせていただきます(西武立川駅南口・中神駅北口と当整体室間)
別途料金500円(往復の場合1.000円)戴きます
どうぞご利用ください
なお、ご利用の際は、予めご連絡をお願い致します 

外観・門柱

外観・駐車場

玄関アプローチ

玄 関

門柱と看板

治療室の広さは6畳(3.6m✕2.4m)です

治療台は病院で使うリハビリ訓練台(200cm×120cm✕高さ45cm)です

玄関

玄関・上がり端

待合室

地 図

最後に…腰痛専門整体室・欣令、院長・山本欣令の想い

このホームページをご覧になられているあなたは、きっと「脊柱管狭窄症」と病院で診断されて、辛い痛みとしびれでお困りなのかもしれません

当院には開業以来、毎日沢山の脊柱管狭窄症と診断された方々がお越し下さっております

最近では、脊柱管狭窄症の手術をしたにも関わらず、改善しない方も来院されることも増えました。来院された方々の中には、手術までしたのに、来院されり今日まで、一向に症状が改善されなかった辛さを私に説明するために、ボルトで固定された背骨のレントゲン写真を持参される方がいらっしゃいます

その時、私は何とも言えない強い憤りを感じます。
なぜ、もっと早くこの人に出会えなかったのだろうか?と。
「私なら、その人の体を傷つけることなく、症状を緩和させることができるのに!」

こう感じるたび、当院の治療・施術の事をお伝えしていない、届け切れていない自分自身にも、もっと広めなくては、と言う思いと義務感を感じます。

私の願いは、「ひとりでも多くの苦しんでいる方が、痛みから解放され、元気に満ち溢れた日々を取り戻す人こと」です

歩けば施術院に当たると言われる世の中で、縁あって当院をお選びいただき、来院された方に、何としても元気になっていただきたいという『想い』は本気です

このホームページで、当院の施術実績を発信し続けているのは、当院が西洋医学、整形外科の考えを否定しているからではありません。骨折、脱臼など、原因が明らかに骨の損傷ならば、整形外科を真っ先に受診するのはあたりまえのことです

でも骨折や脱臼ではない、痛みとしびれの症状に対しては、整形外科以外にも有効な選択肢があることを知ってもらうことが、痛みや辛さに悩む多くの方々にとって役に立つ、と強く信じているからです

今まで施術させていただきました沢山の方々の感想の通り、整形外科の考え方では補えない範囲の施術を提供するのが当院の使命です

当院の治療・施術は痛みとしびれの治療・改善に関してはどこにも負けない経験と実績があると自負しております

お客様にとって最善の施術、自分自身が思う理想の施術を追い求め日々精進を続けております。施術にかける情熱は絶対にどこにも負けません。

整体室・欣令は「治す事」に徹底的にこだわります

痛みとしびれの症状に関しては東京で一番改善できる整体院になりたいと本気で思っています。痛みで苦しんでいる方々の最後の砦になるという揺ぎない覚悟をもって日々施術を続けています。

当院は「絶対に治したい」というお客様の本気の気持ちを、正面から受け止めて真剣に向かい合い、最善の施術を全力で提供する施術院です

お任せください。私がお役に立ちます!

    腰痛専門整体室・欣令 院長 山本欣令

当院のHPを、最後までご覧いただき、ありがとうございました

重症の腰痛専門整体室
・欣令-Kinrei-

住所

〒196-0021
東京都昭島市武蔵野 2-22-6

アクセス

西武拝島線 西武立川駅徒歩15分
JR青梅線 中神駅徒歩20分
駐車場:有り

受付時間

                        9:00~21:00

定休日

                     休みは不定休